FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やあ!あをむしです。

ウサギの箱庭にかかりっきりのせいで、最近、本も読まず、オーディブルも聴いていませんが、本は買ってます。

久しぶりに、アマゾン.co.jp をのぞいたら、

最近アマゾン.co.jp の洋書たちに、アマゾン.com のレビューが引用されておるのですね?

みなさんはもうすでにご存知でしたでしょうか?

Kindle の 日本上陸に向けての準備と考えてよろしいでしょうねぇ?

アマゾン.com のKindleアカウントや洋書の購買制限、価格など、
いろいろ気になることだらけです。

ま、発表を待つか。。


スポンサーサイト
2012.02.09 43%。
43% しか読んでいないのに、 波乱万丈すぎます。。

War HorseWar Horse
(2006/09/04)
Michael Morpurgo



野際陽子 と 福留功男 がでてきそうな、波乱万丈っぷりです。

戦争に関する単語とか、 馬に7関する単語とか、 とてもわかりにくいのに、 ふと浮き出る語り手(馬です)の気持ちに、なぜかほうりなげることができず、読み続けています。

オーディブルでは、入手不可能になってしまいました。 とっとと買っておけばよかったなーーーー。



2011.12.30 本の値段。
もうね、なんっつったらいいか。本の値段、あってなきがごとし。。

本日は、The Giver が、0.99ドルですって。

The Giver (Kindle)

泣けるわーーーー。

毎日、Audible と Amazon でお値段チェックせねばなりません・・・(うるる~ん)


勉強しようがしまいがどうでもいいが、金払った分の成績だけはガッツリ取ってこい、と息子をドツく、結果主義の母、あをむしです、はろー。

勉強しなきゃ、成績悪いのは凡人の理。結局「努力しろ」ってことなんだけど、そこがわからんバカ息子。そこまで言わないとわかんねーーのかよ。ったく、おメェ、アっタマ悪ぃ~なぁ。親の顔がみてみたいわ。・・・って、自分、鏡を見ろって。(^^;;;;

かくして、ヤツは今日も今日とて、アホな母親にドツかれておるのであります。あーー、めんどくさっ。

という、しょーーもないつぶやきはおいといて、、

Kindleちゃんの接続アンテナが立たなくなってしまい、アマゾンのショップに入ろうとしても、「wifi におつなぎなさいな」という画面がでてくるようになってしまいました。

ちょっとまって、アナタ、3G仕様じゃなかったでしたっけ?

restartしても、デフラグしても、症状改善ナシ。

すわっ、またカスタマーサポートと魅惑の英会話レッスン?

・・・・と、その前に最後の手段をこわごわ使ってみました。

「初期設定に戻す」ってヤツです。

いやーーーん、それも怖すぎだけど、魅惑の英会話レッスンの前に試す価値はありか。。

とまあ、そんな葛藤の末、

コンテンツのバックアップはPCに残して、「南無三宝、えいっ!」とばかりに、Reset to Factory Defaultsを 「ぽちっ」。

結果、、 (^^)V

Thank you for purchasing Amazon Kindle.の初期画面には少々ビビりましたが、register画面で、再度 Amazon.com に登録してあるメールアドレスとパスワードを入れたら、Kindleの名前も、コンテンツも元通り復旧されました。そして、3Gの接続アンテナもバッチリ立つようになりました!

症状の原因も、なおった理由も、まーーーったくわかりません。が、しかし、よかったよかった。

つまり、結果よければすべてよし、ってことっす。

岩波といったらマルシャーク、「森は生きている」 だった、あをむしです、ごめんあそばせ。

子どもの頃、ナルニア、読んでなかったざんす。

「ナルニア」を英語で読みたいって、「ハリポ」を英語で読みたい人についで、結構いるのかなーーーと、なんとなくそんな幻想にかられて、「読まなきゃいけない気分」で手に取り、過去いくたびか挫折しておりましたことをここに告白いたします。

このたび、Kindle版でThe Lion, The Witch And The Wardrobe を一気に読みました。いやー、やっぱKindleいいわー。

このお話、前半は読みやすくてわくわく感もたっぷりなんだけど、中盤はゆるむし、後半はむずかしくなるしで、挫折しやすい本じゃありませんか? いや、自分がそうだったから、そう思うだけかもしれないけれど。

かったるい展開のところをKindleちゃんの読みあげ機能でぶっ飛ばしたり、イメージのわかない単語をちょこちょこ辞書のお世話になったりしながら無事読了いたしました。

読んでみてわかったこと。

あのさーーー、これってさーーー、あの有名なお話のパクリじゃない? ××があのちょーエライヒトで、△△がレディガガの歌にも登場するあのヒトで、そんで、いろんなシーンがあのお話にかぶっていません?

・・・・と思ってググってみたら、やっぱそうなんですね。作者は神学者なんですってねぇ。。

ほー。今さらながら、また1つ賢くなったよ。

読みながら適当な区切りでラジオドラマを同時進行で聴いてみました。むかしナルニアのラジオドラマをフルセットで買っていたのです、ワタクシ。隠し財産として、眠っていたものを思い起こして掘り起こしてみました。ラジオドラマのフルセット、今みたらアマゾンでは中古ばかり。しかも3万円を超えてるわー。きゃー、なんだかちょっと資産家になった気分よぉぉーーーー。(しょぼいって・・)


フルセットはもうアマゾンには中古しかないのですが、The Lion, The Witch And The Wardrobe だけでよいなら、ラジオドラマの単品はこれです。 ↓

The Lion, the Witch, And the Wardrobe (Radio Theatre: the Chronicles of Narnia)The Lion, the Witch, And the Wardrobe (Radio Theatre: the Chronicles of Narnia)
(2005/06)
C. S. Lewis



これがとーーーーーーーーーーーーーーーーってもよかった!!

聴き読みはどっちつかずでフラストレーションたまるので、受け付けない派なのですが、ラジオドラマはいいねぇ。。聞く方に集中できて、楽しい!子どもたちの生き生き感たっぷり!

単品だと1000円しないみたいです。(笑)

次は、出版順ということで、Prince Caspian に行こうか、はたまた年代記順で The Magician's Nephew に戻るか 考え中。 同じく、Kindle読みとラジオドラマと同時進行で行こうとおもいます。

てか、その前に、DVD観ようかな。

ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女 [DVD]ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女 [DVD]
(2008/04/23)
ジョージー・ヘンリー、スキャンダー・ケインズ 他



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。