FC2ブログ
愛するKINDLEちゃんと共に暮らしはじめて、まだ1週間もたっていないといふのに、
「もうちょっとこういう風だったら」とか、「ここは改善してほしいわ」
みたいな、わがままな要求がふつふつ芽生え始めています。
愛って、貪欲ね、ふっ・・・(憂)

その1 辞書の渡り歩き機能があればいいのにー。 … 今、Collins Cobuildを使っていますが、ボタン一発で辞書が切り替えできるジャンプ機能があったらいいのになー。

その2 使える類語辞典、ないかな? … 電子辞書を使っていますと、動詞なんかは意外と類語辞典の方がパッと「ああ、そういう系ね」なんて感じで、つかみやすい気がしてます。thesaurosっていうんですかね、Kindle Editionにロジェのシソーラスってのがあるみたいなんですが、レビューをみるとうまく動かないみたい。(^^;;

ともあれ、別にこれらがなくても、素敵なKindleライフを享受しているわけで、
惚れていればこそ、ささいなナニが気になる、そんな感じでしょうか。
愛って、残酷ね、ふっ・・・(憂)
最近本離れして映像に走っていたのは、やはり目がお年をとってきたことがその一因だったことは、kindleちゃんを手にしてからいやというほど思い知らせらています。まず、あのコントラスト。そして、フォント変更機能。

今、読むのが楽しい!


電車の中はもとより、

ジップロックに入れて、お風呂で読んでみました。 … いける~。

夜、ベッドの中で、読んでみました。 … 寝付くまでのほんのちょっとならLED2つのマイティブライトというブックライトで私には十分。

昼 ソファーに寝っ転がって。 … 軽く手をそえるだけで、おなかが書見台がわりに。(^^;;

いつも近くにおいて、ほんのちょこっと読んでみる。 … ますます、ぐ~。



つい、「ちゃん」付けで呼びたくなるほど、kindleにどっぷり漬かってます。はまってます。


ps. ダンナのkindleも届きました。早っ!
自称・紙派のあをむしです。

ebookなんて、途中どんだけ読んだかわからないじゃないのさっ。

語数カウントはどうするんだいっ。

本を買うときって~、大きさとかページ数で読み切れそうか判断するんだお~。

・・・・

・・・・

な~んて思っていましたが、逆にそのあたりがあいまいなところが
けっこうよかったりもしているKINDLEライフ、ebookライフです。

なんといいましょうか、確かに最初のうちは、
語数とかページ数って、すごくはげみになるんだけど、
そこにいつまでもどっぷりしてしまっていた自分がいて、
今ようやく、その「大人が好きな『数字』」という足かせから
半分強制的に解放された気分なのですね。

だいたい日本語の本だったら面白そうな本なら厚さなんか気にしないもんね。

あばうとに、よりあばうとに、そしてもっとあばうとに。

「心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないってことさ。かんじんなことは、目には見えないんだよ」

インクのにおいや紙の手触り、装丁、そういった本の持つ捨てがたい実体的な魅力を、えいやっ!と目をつぶって捨てた分、逆に「読むという楽しみ」の本質に意外と近づいているような気もする、今日この頃です。
2010.10.17 布教活動。
1人目。ダンナが買いました。

2人目。大の本の虫さんが買いました。

明日は誰に見せようかな~。うひっ。

2010.10.16 電車にて。
立って片手で読める。

片手でページをめくることができる。

文字がくっきりハッキリ。乗り物酔いナシ。

サンプルが気に入ったら、その場で即ダウンロード。

す、ステキすぎ~~。


このこのこのぉ~、ニクいぜっ、Kindleちゃん。