FC2ブログ
Ghosts [Import] (Video CD)
(1998/02/16)
Michael Jackson

Ghosts  [Import] (Video CD)


昨夜、観ました。やっぱ、まいこーさいこー!

先日発売されたVisionに4分バージョンのものが入っているらしいのですが(←というのも、買ったけどまだ観てない)、これは40分のフルバージョン。

不気味な屋敷に乗り込む村の人々。そこに住んでいる気味悪い、屋敷の主(マイケル)を追い出そうというつもり。しかし、あやしくも不思議なその魅力に、恐怖を感じつつも、皆、次第に心をとりこにされていくんですね。

マイケルとゴーストたちのダンスパフォーマンスに、まず子どもたちが目を輝かせ始め、大人たちも次第にひきつけられていく中、頑固オヤジな村長(これもマイケルが演じてます)だけが最後まで「出て行け!」とかたくななのですが・・・

あふれる才能以上にその奇天烈な行動ばかりが取りざたされるようになってしまった生前のマイケルと重なって、非常にメッセージ性があるショートフィルム。原案はスティーヴン・キングとマイケルの共作なんだそうで。本編後にマイケルが特殊メイクで変身していくメイキングがついています。とにかく、40分フルバージョンで観る価値大!

あをむし的好き度: ★★★★★ 40分あっという間! Is it scary? 何が本当に怖いのか。本当に怖いものは人間の心の中にある闇なんだよねっていうメッセージが痛烈。

Video CDとなってますが、。DVDプレイヤーで再生できました。それって、何が違うんだろう?(^^;;

2010.12.12 その後。
結論を先に申しますと、Kindle復活しました。

突然起動しなくなったKindle、バッテリー切れかぁ、と思って充電してみたら、充電インジケーターのオレンジのランプさえつかず。

あわてて、アマゾンサイトでトラブルシューティングを検索しましたら、15秒パワースイッチをホールドすると再起動がかかるとのこと。

3度ほどやってみました。電源ケーブルをはずしたまま1回。電源ケーブルをつなげて充電状態にして1回。もう1回もとに戻して、ケーブルはずしてトライ。

うんともスンともいわないので、仕方なく、泣く泣く、つたない英語でアマゾンにメールしました。

Hello,

My kindle won't start up. It can't be charged either.

It won't light the battery lamp. I'm not sure what to do.


もう、いったいどんだけ、つたない英語なんよ、我ながら。。(^^;;

で、3時間くらいで戻ってきましたよ。電話で相談しろとの返答が。わーぉ、結構クィックレスポンスやん。普段半径1キロで生活しているあをむし、いきなり、グローバル社会に生きている実感。

なんでも、ウェブ上のサポート画面から、電話番号を送信すると、サポートセンターから電話をかけてくれるそうなんです。もちろん、toll free。

Please give us a call so we can try some real-time troubleshooting and see if you need a replacement. Currently troubleshooting and replacements for Kindle's can be done over the phone.

どうも、電話の指示で直せるようなんですね。ふぅん。

・・・・
・・・・
・・・・
・・・・え?電話?英語で??おーーーまいがっっっ!!!

いきなりあわてますがな。(^^;;


国際電話に舞い上がったあをむし、そうだ!Julieさんが電話していたはずだよ、と、Julieさんとこの記事を検索。

住所と電話番号を英語で言えるようにメモって準備して、よし、コール依頼を送るぞっ!!

・・・・
・・・・
・・・・と、その前にもう1回、トライしてみよっと。。(^^;; ←完全にビビりモード


1、2、3、4、5、6、7、8、9、10、11、12、13、14、15・・・・っと。

・・・あっ!ランプついたーーーーー!!!(きゃーーーきゃーーーーきゃーーーーー!!嬉)



本当のところはよくわからんのですが、ひょっとすると、完全にもう本当にすっからかんに放電しちゃっていたのかもしれません。(^^;;;

メールが返ってくるまでの3時間、コンセントにつなげたままにしておいたので、ひょっとして、ひょっとしたら、充電ランプはつかないまでも、起動できる分くらいにちょびっとチャージされたのかもしれません。本当のところはよくわからんのですけど、今のところそんな風に考えてます。


・・・じゃなかったら、Kindle、スネちゃった、としか・・・・(^^;;


Hello,

Thank you for your quick response.

Before I emailed you, I tried the reset procedure on your web site three times, but they didn't work.

After mailing you, I tried the procedure once again, and it worked well at this time. My Kindle started up from the initial screen again.

There is no problem now. My kindle is working well. I 'm not calling your telephone support center.

Thanks for your support.

助けてもらったのか、もらってないのか、わかりませんが、とりあえずお礼のメールを書いて、電話はかけませんでした。 ちゃんちゃん。


ここのところ、つい、あまりにフツーに、「本」な気分になっていましたが、そうだ、Kindleって、充電が必要なんだったな、と、再認識いたしました次第です。

心配してくださったみなさま、たいへん、たいへん、お騒がせしました。
以後、充電には充分気をつけたい所存でございます。 <(_ _;;)>

ちょっと紙の本に浮気していたら、Kindleがウンともスンとも言わなくなりました。バッテリーチャージもできません。昨日まではちゃんと使えていたのになぁ。。

クリスマス前なんて、しょーもない時期に、ホント、やってくれるよね、Kindleちゃん。
もう、もう、ホント、ガックリです。。

よしっ、気を取り直して、今からアマゾンにメール送ろう!
相変わらずの野菜の高値に、キノコ、あ~んど、モヤシが、♪ヘっビーぃーロぉーテーショ~ン♪な、あをむしです、こんばんは。

それでも、ここ2、3日、白菜と春菊の価格が下がってきまして、ちょっとホッとしてます。

我が家は一家そろってみな野菜食いなので、野菜がふんだんに食べられない今年は本当につらかった。今は体が肉を欲している、肉汁吸収力抜群体質の中2の息子も、本来、幼いころから、ニンジン、セロリはもとより、春菊、セリ、ミツバ、ウド、クレソン、果てはパクチーまでオッケーオッケーなヒトで、基本的には草食系な体質なんですね。ですので、昨日、ひさしぶりの春菊の煮びたしに小躍りしてました。

さて、そんな我が家ですから、手巻き寿司にもたくさんの野菜をかかせません。正直、野菜だけ巻いて食べても気にならないくらいなので、ホンのちょびっとのお刺身と、まあ、あと、納豆好きの息子用に、納豆の2パックもあれば、クレソン、カイワレ、わさび菜、青ジソ、アボガド、ナガイモ、キュウリ、セロリ、ウドなどなど、、季節の葉物を中心に、梅干しと、ちょいとおろした生わさびでもあれば、我が家的にはもう本当に、立派なごちそうなのであります。

ですが、これは、世間的にみますと、非常にビンボーったらしい貧相な手巻きずしなわけで、これを我が家では自虐的に「ビンボー手巻き寿司」と呼んでおりました。

*****

あれは忘れもしない、息子3歳の夏であります。保育園からの帰り道、息子をベビーカーにのせたあをむしは、夕食の買い物をしようと、そのままイトーヨーカドーに立ち寄りましたのでございます。

怠慢な主婦あをむしにとって、晩御飯の献立を考えるという作業は、時に、とてつもない苦行なのであります。その日、あをむしは、まだ幼い息子に向かって、「今晩なに食べるぅーー?」と、つい、ふと、間がさして、お伺いをたててしまったのでした。

決定権をゆだねられた子どもというのは、まことに、まことに、よいお顔をするものでございます。自信に充ち溢れた息子は、こぼれそうな笑顔、得意満面の笑顔で、意気揚々と、あたり一面に響くような大きな声で、こうのたまったのでした。




「おかーしゃん、びんぼーーてまきずしなんて、どお?」



幼い彼の辞書にあったのは「貧乏」と「手巻きずし」という2つの言葉ではなく、「びんぼーてまきずし」という名の、家族団欒のシンボル、御馳走であったのでございます。

あのときの、一瞬沈黙が訪れたあとの、周囲の買い物客の憐れむような視線と、失笑と、聴かなかったフリをして離れて行く背中と、そして、スローモーションのように流れる景色が、10年以上が経過した今も、まざまざと克明に思い出されます。


確かに、かのボキャビル本の著者がおっしゃる通り、まさに、言葉というものは、explosiveであって、フレーズというものは、TNTなのであったのだよな、という記憶が、さきほど、ふとよみがえってしまった、あをむしの告白でございました。なーむー。
2010.12.06 寒波到来。
今週の中あたりから寒くなって、年末は大寒波らしいですね。貼るカイロは尾てい骨に貼ると血のめぐりによいとか、いや、肺の裏側に貼る方が暖かく感じやすいとか。現在、背中のど真ん中に1枚貼りのあをむし、そろそろ2枚貼りのシーズン到来か??

来るべき寒波に備え、本日は、生姜シロップ作りにいそしんでます。くつくつと煮えるお鍋からたちのぼる、生姜とシナモンとクローブのにおいが狭い我が家に充満して、なんだかそれだけで、ほっこり温まってきました。こうなると、ちょっと読書の気分ですね。(←家事やれって!)

さて、先日の洋書フリマがきっかけで、開かずの段ボールに着手する機会を得まして、今はスタバのbook for twoに提供する本を整理しています。

山と積まれた段ボールから、ザコザコと本を掘り出していると、あるわ、あるわ、未読の山が。これぞ長年の貯本行動の成果って感じ。

PB系は今後はkindleで読むので、思い切って処分。児童書はまだまだkindle editionになっていない面白いものも多いし、将来また貰い手がつくかもしれないので、キープ。

この児童書が曲者であります。手に取ったら読み始めちゃったりして、片付けが進まなくなります。そうこうしていると、未読のクリスマス本がCDといっしょに出てきちゃうし。いったいどうしてくれよう!って感じ。このところkindle読書にはまっていましたが、やっぱ、紙の本もいいよね!なんというか、やはり手触りというか。しびれるわ。

で、他に、こんな本もでてきました。

30 Days to a More Powerful Vocabulary30 Days to a More Powerful Vocabulary
(1991/03/15)
Wilfred Funk、Norman Lewis 他



このままとっておいても家族の誰かがやるわけでもなく、もっともっと真っ黄色になって、どのみち、最後は捨てるしかなくなる運命なんだよねー、と思ったら挫折覚悟で気軽にちょっとやってみることにしました。

いや、意外と面白いです。まず、Introductionが、
Your boss has a bigger vocabulary than you have. That's one good reason why he's your boss. ときて、さらには、Vocabulary is one indication of intelligence.ときて、Words are explosive. Phrases are packed with TNT. ときたもんだ。あおるねー。あっ、TNTって、トリニトロトルエン、火薬のことです。すごいなぁー、表現が。

でも、これって逆に考えると、大統領になりたいとかいうなら、別でしょうが、野心的なpromotionをのぞまなければ、必死こいてボキャビルなんて必要ないんじゃないの、ひょっとして?ましてや、日本人が旅行するぐらいなら、むずい単語なんてずぇんずぇんいらないってことなんじゃない?児童書あたりいっぱい読んで、基本表現を体になじませた方がお得なんじゃないのぉ?・・・などと、寒波のおとずれそうな今日この頃、もはや近所のスーパーにでかけるのもおっくうな出不精あをむし、自分にボキャビルがまーったく必要ないってことに、みょーに納得してしまいました。

そう思ったらますます気楽。単語を覚える気など毛頭ありませんから、直接ぐりぐりと書き込んで、
ざくざくやって、わっかんねー、あははーって感じで、飽きたらポイ!です。そうやってやる分には、ボキャビル本といえども、もはや問題集ではなく、ただの娯楽本ですね。「へぇ~」な知識があったりして、楽しいっすよ。

ちなみに、ニッポンdomesticなあをむし、1番最初の語彙力診断の結果は、It would be a foolish and fatal mistake not to do something immediately about it. とのことでした。たっ、、、たっ、、、たいへんだぁぁぁぁーーーーー!(へらへら)

意気込んで買った他のボキャビル本も、ぞろぞろ出てきました。
今から、残りの人生、ボキャビルしまくっても、全部終わらないかもしれません。老後は趣味でボキャビル、それも楽しそうでいいですねぇ。よしっ、ボキャビル本は処分しないで残しておこーっと。take it easy!