FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おはようございます。

アホ息子が遠征先の駅に荷物を忘れてきて、それを本日学校の始業前に取りに行くとかで、
GW真っただ中の土曜、超絶あさっぱらから弁当作らされました。プンプン。

そんな日常とは全く関係なく、そう!思いだしました!Gleeで!

なんと、Gleeの第3話で、「エルボー・キス」が出てきましたのよ!

Marvin Redpostを読まれた方には「おぉ!」と感激していただけたでしょうか?
え?たいしたことないって?


ゲイであることをカミングアウトできないカート少年、メルセデスちゃんに「キスしたことある?」
とたずねられて、「自分のひじにならあるよ」と。

うぉーーーー!こんなところで出会ってしまったかっ!キターーーーーって感じ。

いやーーー、あをむし、超、ちょーーー、感激、興奮しちゃいました。


Is He a Girl? (A Stepping Stone Book(TM))Is He a Girl? (A Stepping Stone Book(TM))
(1993/08/24)
Louis Sachar


感激を分かち合いたい人、Gleeの第3話、みてみてねっ!
スポンサーサイト
NHKで放送がはじまったようですが、ひとあしお先に、DVDで観てます。

さえない高校の、さえない合唱クラブのメンバーと、そのまわりの大人たちを描く、歌あり、ダンスありのコメディードラマ。
しかし、ハイスクールミュージカルみたいな、「キラキラ青春モノ」を想像していると全く違いますね。
登場人物みんなどこか病んでます。(^^;;

glee/グリー 踊る♪合唱部!? vol.1 [DVD]glee/グリー 踊る♪合唱部!? vol.1 [DVD]
(2011/01/07)
マシュー・モリソン、コーリー・モンテース 他


ゲイのお父さんとお父さんの精子をミックスして借り腹で生まれた超優秀児。どっちのお父さんの遺伝子をもらっているのかわからない。ダンスも歌も抜群。だけど、性格がわざわいしてか、学校では嫌われ者の女の子、レイチェル。
ラグビーも歌もうまくて、超べっぴんの彼女がいるけど、自分がかつて起こした自動車事故がトラウマになって彼女とエッチできない!・・・なのに、彼女妊娠!?えっ??そんなバカな~、っていう男の子、フィン。
その他、ゲイであることを親にもまわりにも隠している(カミングアウトします!)、いじめられっ子の男の子、カート。ギターが得意な車いすの少年アーティーなどなど、登場する高校生たちは、みな個性豊か。

一方、大人たちも負けじと、ヒトクセモフタクセもある面々。主人公であるグリークラブの顧問、ウィル先生は一見一番フツーっぽいけど、どこか思考が子どもっぽく、その彼の行動がドラマの発端になっていることも多いし、ウィルの奥さんは思いこみが激しい性格で、想像妊娠しするし、ひそかにウィル先生に想いを寄せているスクールカウンセラーのエマは子どもの頃、肥溜めに落ちた後遺症で、極度の潔癖症だし、そのエマに想いを寄せるケン・タナカは日系という設定なんだけど、日系ってそういうイメージなの?って、思っちゃうような、汗臭くバタ臭いラガーマン。

セリフも結構、人権とか福祉団体とかからクレームがきそうな内容じゃないの?っていうものだったり、アメリカの現代社会を濃縮した、ちょっとブラックなティストのコメディーです。

あをむし的好き度: ★★★☆☆ 音楽もいっぱい、ダンスもいっぱいで楽しいけれど、聴きとりは結構むずいかも。

グリークラブを良く思っていない、チア部の熱血顧問の女教師が、車いすの少年アーティのことをcrippledと吐き捨てるように言うシーンがあります。ここ一カ月ほど、International Herald Tribuneで幾度となく the crippled power plant という表現を見るにつけ、単語の重みを感じて、なんとも言い難い、とっても複雑な苦々しい気持ちになります。一日も早く状況が改善されることを望みます。



2011.04.24 夏対策。
日曜日の本日は玄関網戸の取り付けをいたしました。いわゆる、夏に向けての節電対策ってヤツです。

我が家はせんだっての計画停電において、第5グループでありました。いや、ほんとうにね、もう、毎回、みごとにみごとに停電してくださいましたのよ。どんだけ政府がおためごかしに「夏はございません」ていおうが、「都内も平等に」と言おうが、にわかには信じられませんっつーの。

だって、ちょっと考えてもみてくださいよ。「都内も平等に」って言ったって、あの高層住宅の立ち並ぶ都心。幹線道路、主要交通機関が縦横無尽に走り、重要施設が入り組んだ都心で、夏の盛りに、はあ?いったいどうやって計画停電を??そんなことしたら、都市機能マヒ、高層難民続出、干からびたじーさんばーさんの山(す、すみません・・・)になっちゃうじゃんね?

そんなこと、ちょびっと考えれば誰にでもわかることで、だから毎度毎度の計画停電にもじっとこらえ、甘んじておったわけであります。なのに、口先だけで軽々しく平等とか言ってるんじゃねぇっ!!んっとに、小学生じゃあるまいし。。神経逆なですることだけ超一級やんかよ、おぅ。(怒)

「夏はございません」って言われたって、イザ足りない、となったら実績済みの旧計画停電地域が即応で対象地域になる可能性は否めないのではなかろうか、と小心もののあをむし、そんなもんで、夏に向けて、自己防衛策をあれこれ思案しておるのでございます。

玄関網戸、これ、おもいのほか、いいっすよ。なんだかすーすー風が抜けちゃって。
こんなことなら、もっと早くに取りつけておいてもよかったかも。

風通しがよくなった玄関先で、カッカと血がのぼった頭、ひーーやそーーっと。(^^;;
あぁあああー、やっちまいました、とうとう。

無料で読んでいたはずの International Herald Tribune 、解約し忘れて、とうとう有料期間に入っちまってました。あああああ~、ぐ、ぐやぢいぃ・・・・。

・・・ということで、ながらく御無沙汰しておりました、あをむしです。なんだかずいぶん長い1カ月でしたが、みなさまお元気でしたでしょうか。わたくしの方はひとまず元気で暮らしております。

ずいぶん間が開いてしまいましたが、いつも通りの調子で、ぼっつらぼっつら再開していきたいと思います。どうぞよろしくお願いしまーーす。

ではーーー。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。