FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハロー、オーラ、ボンジュール、ニイハオ、グーテンターク! あをむしですわっ、ごきげんよう、みなさま。

さて、過日お伝えした通り、Kindleはあっけなく新品交換となりました。

どうも、修理するより、新しいのを渡しちゃった方が手っ取りばやい、そういう企画の商品なのですね、Kindleといふヤツは。

んがっ、しかーーーしながら、マグロのように、ただ寝っ転がっていてタダで新品を受け取れると思ったら甘いのざんす。

そうっ、不良品の返品なのですわっ!

先日の、とーーーーっても親切なカスタマーサポートの方とのすったもんだのやりとりのあと、MY PCには、一通のメールが送られてまいりました。

残念だけど、新しいのを送るけんね。まず必要なバックアップを取ったら、ブツをビニル袋に入れて、ケーブル、マニュアル類、その他一式全部を元の箱に戻しておくんなまし。そんでもって、ほれ、ここのwebサイトにアンタのために、カクカクシカジカな前払い送付用シートとインボイスを用意してやったけん、プリントアウトしてブツに張ってUPSに持って行ってけろ。あ、そうそう、インボイスは3部コピーして添付してね。くれぐれもUPSを使っておくれよ、UPSじゃないと無料にならないけんね、と。

「えーーーーーっ!!!!おとなりの郵便局じゃ、ダメなん????(愕然)」

しかたなくなく、調べましたよ。UPSの荷物が送れる場所を。めんどくせぇzっ!とか、言いながら。

そしたら、意外とあるんですね。いや、さすがにおとなりとはいきませんでしたが、週3ほど通う西新宿にございました。

30日以内に送り返さないと、送ってもらえるはずのNew Kindleは有料になってしまうそうなので、そそくさと、ぶっこわれたKindleをPCにつないで、バックアップとって、言われたとおりに梱包し、WEBからトラッキングシートとインボイスをプリントアウトし、いざ、UPSの出店へ。

「あとお願い~」と、へらへら出せばおしまい、と思っていましたが、甘かった。

写真付きの身分証明書が必要と言われまして、運転免許証をコピーされ、送り主の書類として、住所氏名サインなどをかかされ、ようやっと荷物を受け取ってもらえました。めんどくさいといえばめんどくさいのですが、いっぽうで、それだけといえば実にそれだけでした。

荷物の中身を確認してから梱包するとのことで、箱に入れただけでガムテープで封入もすることなく。オープンなままブツはおまかせだし、お金も一銭も払わずに、OK.

いやーーーー、海外に送るのって、簡単なのか面倒なのか、ようわからん。

対応してくださった、おねえさまは実に手慣れた手つきで、Amazon Kindleのパッケージを一瞥するなり、「あ、返品ですね」と。

「へっ??? なんで見た瞬間わかるんですかっっ!?!?」

「週1くらいであるんですよ」とのこと。



・・・・・ねぇねぇ、みんな、そんなに、Kindleぶっ壊してるん??? (^^;;;;



ともあれ、来週には新しいKindleがとどく予定でございます。 

I can't stand the wait !!!

スポンサーサイト
やっちまいました。Kindle壊しちゃいました。。

いつかやるんじゃないかとは思っていたのですがね。ソコツモノの私、うっかりふんづけちゃいました・・・

でも、「壊れちゃった」じゃなくて「壊しちゃった」っていうところが素直でエライよね、自分。(みぢめ~)

・・・そこで、ですね。 はいっ!みなさまのお待ちかねの通りっ!

「A」ではじまるスマイルマークの会社のカスタマーサポートにお電話いたしましたのです。

サイトでフリーコールのページを開くと、「今すぐコール」と「5分後コール」があるのですね。

別に5分待ってもらったからと言って、今からNOVAに駆け込んで、5分で英会話が上達するわけでもあるまいし、などと、かなーり大胆なわたくし、「即コール」をクリック!

・・・」と、クリックした途端に本当に電話がなりました!おぉぉぉーーーーー、すごい!シームレスでフラット化しているグローバル社会を御自宅で実体験ですわよっ、おくさまっ!!

名前とメールアドレスを述べて、即、要件。

My Kindle was broken, because I stepped on it by mistake, but not on purpose. It can power on, but the display can't display correctly. Can it be repaired free, or charged ?

おお、なんとなく出てくるじゃん、英語。そしてあっさり、タダで交換するとのこと。なんだーーーー、カスタマーセンター恐れるに足りずだわ。。

・・・と、思ったのが甘かった!!そこからが長かったですわっ!


す、数字が・・・・(爆爆爆)

数字など必要事項は、あらかじめメモしておくようにというJulieさんのブログの記事を読んだにも関わらず、何もメモらずフリーコールしてしまった大胆なわたくし。

1番最初に名前とメールアドレスの照会があったときに、「あっ、ひょっとして、やばかったか?」といやな予感はしたのですが、もう電話してるんだもん。後の祭りだよね。

まず、My Kindleのシリアル番号がわからない。 画面がぶっ壊れているので、本体で確認しようもなく、Please wait a moment!と叫びつつ納品時の箱をあわてて探しに行き、しかし、どこにシリアル番号が、書かれているのかわからず、納品書やら箱に貼ってあるシールの番号をやたらと読み上げるが、どうも違うらしい。(爆)

どうやら、FSN(Factory Serial Numberてことかしら?)とある、1番小さい文字でかかれているのが、そうだとわかり(お願いだっ、1番大きな字にしてくれっ!)、今度はアタフタと老眼鏡を取りに行き、シリアル番号が一件落着すると、こんどは、カード番号の下4けたと言われ、財布を取りに行き、それが終わると、今度は、住所、郵便番号を言えと言われるが、なぜかとっさに出てないのですよ。

メモ用紙を取りに行き、住所と郵便番号を書いて読み上げ、なんとかことなきを得たものの、しまいにゃ、家の電話番号と言われたときには、あまりの疲労に、もうまったく自宅電話番号が日本語でさえ思い浮かばなくなってました。

「はれ?我が家の電話番号??えっと・・・・・・あれ?」

いろいろ書いて読み上げてもどうも違うらしく(にゃはっ)、電話の向こうから、「そこ、4じゃない?」とか、ヒントまでもらう始末。

こういうとき、厳格な日本のカスタマーサポートなら絶対にヒントなんかくれないと思うのですが、そこは、シームレスでフラットでワールドワイドなカスタマーサポートなのですね。ありがたや。・・・ていうか、先方が、とってもpatientでcordialで、ラッキーだったのだなあ。。(しみぢみ)

結局、またまた携帯を取りに行き、携帯に登録されていた自宅の電話番号を読み上げる始末。

・・・とっても、とっても疲れました。でも、電話の向こうの相手も大変だったと思うよ。(爆)

そういえば、老眼鏡を取りに行く時、" Please hold on a secand. I'm going to have my binocular. " と言ちゃったけど、 よく考えたら、binocularって、「双眼鏡」じゃなかったっけ?(爆爆)  いやーーーん、アタシっておちゃめさんっ! (^^;;;;

よいこのみんなっ!カスタマーサポートに電話するときは必要事項をメモってからだよっ!(お前だよって?笑)

これはなんていったらいいんでしょうね、一種のドキュメンタリーでしょうか。

全米規模で予選を行い、決勝戦で優勝すれば、レコードデビューできる、そんな視聴者参加型のテレビ番組があるようなのですが、アメリカ版、「スター誕生」って感じでしょうか。

Best of American Idol Seasons 1-4 [DVD] [Import]Best of American Idol Seasons 1-4 [DVD] [Import]
(2005/11/22)
Ryan Seacrest、Brian Dunkleman 他

商品詳細を見る


審査員たちでさえ腹をかかえて笑っちゃうような、「えっ?マジで??」と耳や目を疑うような「自称・我こそはスター」たちが、わんさか出てくるところが、アメリカっぽい。

どうやらこの国の人たちは、本気で「アメリカンドリーム」を狙っている人が多いらしい。「自助努力」という伝統の元に、確固たる社会保障制度を築いてこなかったアメリカという国で、「アメリカンドリーム」というのは、「自助努力」のあり方の1つなのかもしれないなあ。・・・なんて。傍から見ると非現実にみえるが、本人たちにすれば、それしか現実から抜け出るための選択肢がない現実っていう感じなのだろうか。

そんなことを考えながら観ていると、この「アメリカン・アイドル」という番組、結構痛々しい感じがしてきます。(^^;;;

そういえば、「グリー」に出てくるレイチェルも、スターを目指して、毎夜、YOUTUBEに投稿しているって設定だったっけ。あっ、リアルでは、ジャスティン・ビーバーなんて人がいましたね。この人、実際にYOUTUBEからスターダムにのし上がったんでしたっけ。現実になくはないから、「ひょっとしたら、オレも、アタシも・・」と思ってしまうのかな。

あをむし的好き度: ★★☆☆☆ 面白いはずなんだけど、観てるとなんだかだんだん悲壮感が漂ってくる。「アメリカン・ドリーム」と「自己満足」って、紙一重に見えるよ。。つい最近、アメリカ大統領によって高らかに宣言された、「正義の達成」もどこか似ている気がするのはなぜでしょう。どちらも、傍目に、どうもすっきりしません。(^^;;
最近、保育園以来の友だちに「彼女」とやらができたそうで、我が家の「彼女いない歴14年」の男子は、今、ちょっと不機嫌になっておるようです。ざっまーーみろっ、へっへっへっ。

おっと、失礼いたしました。あをむしでございます。ごきげんよう、みなさま。

しかし、友だちに彼女ができたことも、自分に彼女がいないことも、こうあけっぴろげに親に話すなんて、ふんっとにお子ちゃまなんだから。むちゃくちゃ幼稚くさくないです?(苦笑)

そんなんだから、彼女ができねぇんだよっ!(爆)


ローラーガールズ・ダイアリー [DVD]ローラーガールズ・ダイアリー [DVD]
(2010/12/15)
ドリュー・バリモア、エレン・ペイジ 他


母親の意のままに、生きてきた17歳の少女、ブリスが、ローラーゲームに出会い、心奪われ、ルールもしらないままに入団試験を受けて見事合格。親には内緒でローラーゲームにうちこみ、恋も順調。でもある日とうとう親にバレてしまい・・・

ブリスが生きてきた世界とはまったく異質のローラーゲームの世界の女たち。でも、リンクでの無頼で非常な戦いっぷりの裏にそれぞれが人生を抱え、悩んでいたりするのですね。そんな女たちに囲まれて、17歳の少女が失敗もし、苦い思いもしながら、成長していく物語です。

ローラーゲームでの女たちのバトルがエキサイティングで面白いのですが、一方で、親への離反、親との和解といった、1人の少女の成長を通して、家族の物語もシブく描かれていたりする映画でもあります。父親や母親とブリスのやりとりがしみじみとしてよかったにゃー。

あをむし的好き度: ★★★★☆ タフで荒くれた女たちのローラーゲームでのワイルドなバトルがかっちょいい!

それにしても、息子よ。親に秘密を持つというのがオトナへの1歩なんだぜ。わっかるかなぁー、わっかんねぇだろーなーーぁ。(苦笑)
本日は 「1日」、「映画1000円の日」でした。

でも、気づいたのがちょっと遅くて、観たかった「ガリバー旅行記」の通常字幕版は満員。そこで、クレヨンしんちゃんを観ることにしました。

いやー、昨今の日本の閉塞感、息つまりそうですもん。。こんなとき、必要なのは、やっぱ、笑いでしょ、笑い。

こどもだらけと思った「しんちゃん」、意外とおっさんと中高生が多かったです。やはり日本は笑いを求めているのか??


   しんちゃん


スカシベスタンの支配者、ナーラオとヨースルが狙うのは、ヘガデル王国で開発された「メガヘガデルII」。(もうすでに、設定が・・・苦笑)

これを手に入れるためには、しんのすけ自身の存在が鍵を握っていることがわかり(そこの設定もまたすごすぎ!笑)、そこで春日部に送り込まれたのが、超有能な子どもスパイのレモンちゃん。熱狂的なアクション仮面ファンであるしんのすけを「アクションスパイ」に任命されたとうまくまるめこんで、「メガヘガデルII」を入手しようとするのだが・・・

あをむし的すき度: ★★★★★ わかってる、わかってるんだ。ここで、こうくるんだろうな、って、わかるんです。でもね、予定調和だろうが、お決まりだろうが、笑いってすばらしい!! 

「人間は笑う力を授けられた唯一の動物である」 by グレビル

「笑いとは、地球上で一番苦しんでいる動物が発明したものである」 by ニーチェ

最近笑ってない人、思いっきり笑ってみるって、いいと思うよ~。

それにしても、会場でゲハゲハ笑っているのは大人ばかりだった。最近の子どもって、あんまり大声で笑わないのかな。元気だせーー、日本の子どもたちーーー!!!

「元気だから笑うんじゃない、笑うから元気になるんだ」 by あをむし

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。