FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Hunger Games の第3巻を読もうとして、登場人物をからっきし忘れていることに気づき、
あわてて第1巻を聴き直しているあをむしです。んもぅ、歳ってイヤねっ!

んで、楽しんでます!いえい!(^^)/

クリアに分かるところはますますクリアに。
わからないところは、くよくよする間もなく、次に進んでくれる。(爆)

電車の中、歩きながら、時にくすくす笑い、ときに切なくなりながら、
今日も今日とて、聴きながら、ふらふらと立ち寄った本屋に、なんと!
「ハンガーゲーム」が平積みされていました!

平積みですよ、平積み!

映画は日本ではまだ公開されていませんが、よその国ではヒットしているせいで、
日本の本屋でも注目されつつあるのかな?

原作の表紙とあまりに違いすぎる、表紙のマンガ絵にビビりつつ、
おそるおそる、立ち読みしてきました。

ハッキリ言って、

「みんなっ!英語で読もうよっ!」 (きっぱり)

確かに、そこには英語を日本語にしたものがありました。
しかし、いやーーーー、それはそううなんだが、アレよね・・・(汗)

Hunger Games を英語で読んだ人、ぜひ日本語版をチラ読みしてみてくださいな・・・
なんか違うんだわーーー。

一番の違和感の原因は、 「 I 」を 「わたし」と訳しているところなんじゃないかとおオモタ。。

確かに主人公の少女の一人称の小説ではあるんだけど、「わたし」なのか?

じゃぁ、「わたし」 を 「アタシ」 にすればいいのか?

いや、そういうことじゃないと思うんだな。

そもそも日本語で 「わたしが」 とか 「わたしは」 を言うときは、
自分の存在をアピールするときに使うのであって
英文の 「 I 」 とは使い方が違うと思うんだよねぇ。。。

たとえば: 「誰がやったんだ?」

さりげく肯定するとき: 「あ、やっときました。」
アピールしたいとき: 「わたしがやりました。」

フツーに否定するとき: 「知りません。」
自分がやっていないことを主張したいとき: 「わたしではありません。」

って感じで。。

私が英語で読んでいる時の 「 I 」 っつーのは、
どっちかっつーと、もっとたんなる目印というか、附合というか、記号的な感じで
私の中では処理はされているようです。

だいたい、 「 I 」 は 1音節で奥ゆかしいのに、「わたし」は 3音節もあるんだもの。
自己主張激しいよね。

だから、たしかにこの本は、一人称の文章だけど、訳されているとどうも居心地が悪いのであります。

もちろん、あくまでも、「ワタクシ」的には、だけど、ね。 ( ← あくまでも個人的感想であることを主張して終わる・笑)

スポンサーサイト
さきほど、Animorphs #7 の記事を書いたばかりのあをむしです!ちーっす!

待望の、Spellbound: The Book of Elsewhere Vol. 2 (キンドル版)がようやく10ドル切りました。
今か今かと、地道に価格チェックをし、10ドルを切るのを待っていたので、速買いです!

6月は読みたい本がたまっているなぁー。

いや、いつもたまりっぱなしなんだけど・・・(^^;;;

2012.05.27 Animorphs #7 !
6/1!
Kindle版、でます!!

いやーーー、リクエスト出したからというわけでもないでしょうが、嬉しいです!
予約しました!!
A wrinkle in time 聴きました、あをむしです。チャオ!

タイトルはよく聞く (・・・ていうか、よくAmazonでみかける・・) 本でしたが、未読でした。1962年に出版されたそうで、今年50周年とのこと。 ・・・で、読んでみることにしました。

A Wrinkle in Time (Madeleine L'Engle's Time Quintet)A Wrinkle in Time (Madeleine L'Engle's Time Quintet)
(2012/01/01)
Madeleine L'Engle



いやーーー、ソコツ者のわたくし、うっかりファンタジーと思って読み始めたのですが、こ、こ、これはSFですね?(汗)

のっけから、意外な展開でビビりました。(おひおひ、レビューくらい読んでおけよって・・)

最初、聴かずにフツーに読んでいたのですが、tesseract という単語にビビってしまい立ち往生。 

ネットで調べて 「四次元立方体」 という単語がでてきましたが、「はいー?それで?」という感じ。字面ではわかりますけど、「じゃ、いったいそれってなによ??」ということになれば、動画みたって、さっぱり、わけわからん。

こういうのって、読んでいるといちいち調べたくなって、かなり停滞しそう。。

香り立つ挫折の気配に、Audible で、聴くだけに切り替えました。Amazon.comで1000を超えるレビューがついていて高評価なのですから、ストーリーそのものはきっと面白いにちがいありません。ざっくり聴いて、思い切りストーリーの流れだけ楽しんでまおう、ってことです。

わからんところは、ムーディー勝山 (どこいったのでしょうね?この人) モード、右から左に受け流して、へろへろと聴いておりますと、なんだこりゃ? かな~りファンタジーな世界じゃぁあーりませんかっ!

・・・ていうか、かな~り宗教的な作品だったりしませんか?これ?
なんだか、ナルニアを彷彿とさせるものがあります。 (あ、ナルニアは The Lion, the Witch and the Wardrobe だけ読んで、放置してあります)

ざっくり聴き終えて、うん、面白かったっす!今度しっかり読んでみようと思います。
次回、かなり一気に読める気がしてきました。

・・・で、そもそも、SF と ファンタジー の違いって、なんでしょうね? 
この本と出合って、SF と ファンタジーって、サイエンス用語がでてくるかでてこないかだけの違いのような気がしてきました。

それにしても、こういう サイエンス-ファンタジー な作品が 1962年に書かれていたのは驚きです。

ちーっす!あをむしです。

息子、高1になりました。
なんだか意外にさらっとAlex Rider シリーズの1巻を読み終えて、2巻に手を出したようですが、
つかんでから2カ月くらいたったんじゃないですかね?
通学時に、雨・風にさらされ、本のハシがベロベロになってます。

ここのところ、文化祭の準備で、なんちゃら係なんかもしているから、忙しいのかもしれないけれど、
それにしてもたぶん、息切れもしているのでしょうねぇ。
だって、Alex Rider 立て続けに2巻なんて、どう考えてもきついでしょうに。
嗚呼、それなのに、見栄があってどうにもやめられない様子。

そりゃそうだわ、あーんな分厚い本もってたら、「オマエすごいなー」とか、友達に言われるのだろうし。
お気にいりの女子に「洋書読むんだー」なんていわれようものなら、そりゃ、見栄もはりたくなるお年頃だもの。

が、しかしどうなのよ、同じ本を2カ月も毎日持って歩いているって、
それって、逆に、読んでないことバレバレなんとちゃうん? 

あをむし 「 あのさー、見栄はりたいんなら、1週間にいっぺんくらいとっかえたらどうよ? 読めてないのバレバレじゃん? 」

こむし 「 !!! 」 (←雷に打たれたごとき衝撃)

    ・・・
    ・・・・・
    ・・・・・・・ 
   
    「 じゃ、かえよーっと (^^;;; 」


・・・えっ?えええっっ!!  

なぜそんな簡単なことに気づかないのだ! アホか、オマエは!!

てか、やっぱり見栄だったか。 (爆)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。