FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高校時代、世界史未履修のあをむしです、ちーーっす。

当時は「点ががっつり稼げる科目はどれだ~ぁ」みたいな観点でしか社会科なんてみてませんでしたが、この年になってみると世界史未履修というのは、なんだかとってももったいないことをしたな、と思う次第です。

英国王のスピーチ、話題作ですね。というか、アカデミー賞4冠てことで観に行きましたが、あれれんー?なんかこの話って・・・

そう !

The Love of a KingThe Love of a King




「王冠をかけた恋」、王位を捨てて好きな女とかけおちした、エドワード8世のかわりに王位を継承した弟君、ジョージ6世のお話だったのですねぇ~。

どちらが裏で表かはわかりませんが、視点が変わるとなるほど、こういう風に見えるのね、ほむほむ、と興味深く、そして、若いころには世界史を勉強しなかったけど、おとなになって英語の本読んでいるうちに、ちゃっかり歴史も勉強してたんだわ~、なんて、なんだか、ちょっと、得した気分になりました。


2323a354-s.jpg


んで、肝心の映画ですが、よかったですよ。ですが、「泣ける~」みたいな前宣伝を聞いていたので、ずぇんずぇん泣けませんでした。泣かせたかったら「泣ける」って言っちゃだめだよ。。どんだけ泣けるんかって期待しちゃうじゃんねぇ?

泣けなかった理由がもう1つ。ジョージ6世(主人公)の妻、エリザベスの役をやっていた女優さん、「ん、コイツ、最近どこかでみたー!?」と気になっちゃって、気になっちゃって。「どこだ?」「何の映画だ?」と悶々しているうちに映画が終わっちゃった。(爆)

家に帰ってググってみたら、なんで「コイツ」呼ばわりして悩んでいたのかわかりました。彼女はヘレナ・ボナム・カーターという女優さんで、ハリポタの中ではベラトリックス・レストレンジという女戦士、ボルデモート側の「死喰い人」の一員だったのですねぇ。。よくもよくも、私の愛するシリウスを~~、っていう潜在的な気持ちが、つい、「コイツ」呼ばわりさせてしまったのでしょう。ごめんね。てへ。


あをむし的好き度: ★★★☆☆ よかったといえばよかったけど、期待しすぎはよくない。ってことで、★3つ。あと、最近ハリポタ観てたのがわざわいしたとおもー。でもね。この年になっても少しずつ自分の世界が広がっていくって楽しいじゃ~ん。って思わせてくれた歴史映画でした!

あっ、英語の聞き取りはREDに比べて格段に難しかったです。ソーシャルネットワークとはまた違う難しさ。これって、米語でないから?なのかなあ?
Secret

TrackBackURL
→http://hrpkaomushi.blog123.fc2.com/tb.php/101-3b19ac8c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。