FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やっちまいました。Kindle壊しちゃいました。。

いつかやるんじゃないかとは思っていたのですがね。ソコツモノの私、うっかりふんづけちゃいました・・・

でも、「壊れちゃった」じゃなくて「壊しちゃった」っていうところが素直でエライよね、自分。(みぢめ~)

・・・そこで、ですね。 はいっ!みなさまのお待ちかねの通りっ!

「A」ではじまるスマイルマークの会社のカスタマーサポートにお電話いたしましたのです。

サイトでフリーコールのページを開くと、「今すぐコール」と「5分後コール」があるのですね。

別に5分待ってもらったからと言って、今からNOVAに駆け込んで、5分で英会話が上達するわけでもあるまいし、などと、かなーり大胆なわたくし、「即コール」をクリック!

・・・」と、クリックした途端に本当に電話がなりました!おぉぉぉーーーーー、すごい!シームレスでフラット化しているグローバル社会を御自宅で実体験ですわよっ、おくさまっ!!

名前とメールアドレスを述べて、即、要件。

My Kindle was broken, because I stepped on it by mistake, but not on purpose. It can power on, but the display can't display correctly. Can it be repaired free, or charged ?

おお、なんとなく出てくるじゃん、英語。そしてあっさり、タダで交換するとのこと。なんだーーーー、カスタマーセンター恐れるに足りずだわ。。

・・・と、思ったのが甘かった!!そこからが長かったですわっ!


す、数字が・・・・(爆爆爆)

数字など必要事項は、あらかじめメモしておくようにというJulieさんのブログの記事を読んだにも関わらず、何もメモらずフリーコールしてしまった大胆なわたくし。

1番最初に名前とメールアドレスの照会があったときに、「あっ、ひょっとして、やばかったか?」といやな予感はしたのですが、もう電話してるんだもん。後の祭りだよね。

まず、My Kindleのシリアル番号がわからない。 画面がぶっ壊れているので、本体で確認しようもなく、Please wait a moment!と叫びつつ納品時の箱をあわてて探しに行き、しかし、どこにシリアル番号が、書かれているのかわからず、納品書やら箱に貼ってあるシールの番号をやたらと読み上げるが、どうも違うらしい。(爆)

どうやら、FSN(Factory Serial Numberてことかしら?)とある、1番小さい文字でかかれているのが、そうだとわかり(お願いだっ、1番大きな字にしてくれっ!)、今度はアタフタと老眼鏡を取りに行き、シリアル番号が一件落着すると、こんどは、カード番号の下4けたと言われ、財布を取りに行き、それが終わると、今度は、住所、郵便番号を言えと言われるが、なぜかとっさに出てないのですよ。

メモ用紙を取りに行き、住所と郵便番号を書いて読み上げ、なんとかことなきを得たものの、しまいにゃ、家の電話番号と言われたときには、あまりの疲労に、もうまったく自宅電話番号が日本語でさえ思い浮かばなくなってました。

「はれ?我が家の電話番号??えっと・・・・・・あれ?」

いろいろ書いて読み上げてもどうも違うらしく(にゃはっ)、電話の向こうから、「そこ、4じゃない?」とか、ヒントまでもらう始末。

こういうとき、厳格な日本のカスタマーサポートなら絶対にヒントなんかくれないと思うのですが、そこは、シームレスでフラットでワールドワイドなカスタマーサポートなのですね。ありがたや。・・・ていうか、先方が、とってもpatientでcordialで、ラッキーだったのだなあ。。(しみぢみ)

結局、またまた携帯を取りに行き、携帯に登録されていた自宅の電話番号を読み上げる始末。

・・・とっても、とっても疲れました。でも、電話の向こうの相手も大変だったと思うよ。(爆)

そういえば、老眼鏡を取りに行く時、" Please hold on a secand. I'm going to have my binocular. " と言ちゃったけど、 よく考えたら、binocularって、「双眼鏡」じゃなかったっけ?(爆爆)  いやーーーん、アタシっておちゃめさんっ! (^^;;;;

よいこのみんなっ!カスタマーサポートに電話するときは必要事項をメモってからだよっ!(お前だよって?笑)

Secret

TrackBackURL
→http://hrpkaomushi.blog123.fc2.com/tb.php/110-74ed23d5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。