FC2ブログ
Racing in the Rain を回避して読んだ本が、ものすごくヤバかったあをむしです、チャオ!

ひさしぶりに心にぐっとくる青春小説を読みました。

みなさん、読みました?amazon.comでは、今、600を超えるレビューがついている本です。オーディブルでも 300とか400というすごい数の ratingがついていますね。アマゾン、オーディブル、どちらでも評価は高いですね。

The Fault in Our StarsThe Fault in Our Stars
(2012/01/01)
John Green



本をよく読む女の子と男の子が主人公のせいか、
突然難しい単語がひょこっとつかわれたりして、正直難しいところも多々あったのですが、
いや~、ごっそり泣かせてもらいました。
スタバで嗚咽をもらして、まわりから不審げな視線を浴び、
風呂場で号泣し、シャンプーが目に入ったのかと勘違いした息子があわててのぞきにくるし、
布団の中でラストを迎えた時は、もう目が赤くボッコリ晴れて、涙がしみるしみる・・

本のタイトルはシェイクスピアの Julius Caesar の中にある、
The fault is not in our stars but in ourselves. とかいうセリフから来ているらしいです。
シェイクスピアのセリフがテーゼなら、この本のタイトルはそのアンチテーゼになっているのですね。
読後、アウフヘーベンな結末に、タイトルをながめてもう1度泣けました。 (これって、立派なネタばれかしら? 汗)

で、あまりによかったので、いろいろ書きたいと思って出てきたのですが、どうも何を書いても陳腐になってしまうのですわ。
んで、書くのをやめることにしました。、ガン患者、末期、サポートグループ、酸素ボンベ、最後の願い、
・・・ほら、ちょこっと単語を拾っただけで、この本の本質とはまったくかけ離れているもん。

日本語版がでたら、日本のたくさんのティーンやティーンの心を持った大人たちも読めるようになるのだろうけど、この本のタイトルをどのように訳すんだろうかと思うと、ちょっとこわいです。。一歩間違うと「赤いシリーズ」みたいなタイトルになりそうだから。(^^;;

Secret

TrackBackURL
→http://hrpkaomushi.blog123.fc2.com/tb.php/159-11e45498