FC2ブログ
とうとう我が家にバーコードリーダーが導入されました。

「我が家に」というのは、非常に責任回避な言い方で、「ワタクシの」洋書を「ワタクシによって」、「ワタクシが」整理するために「ワタクシのもとに」やってきたのです。

いいえ、「やってきた」というのも非常に責任回避な言い方で、「ワタクシが」とうとう重い腰を上げて「買った」のでした。

ビジコム バーコードリーダー CCD USB 80mm幅 カールケーブル 無地 BC-PS800P-U>ビジコム バーコードリーダー CCD USB 80mm幅 カールケーブル 無地 BC-PS800P-U
(2010/01/21)
BUSICOM



昨日、「私本管理」に68冊登録して、総額、45452円。 

ええ、こんな数字にはビビりませんことよっ、もちろんですわっ。

こんなものにビビっているようでは、そもそも、バーコードリーダーを買ってまでして、私本管理に登録しようなんていう気にはなりませんもの。

が、しかし、68冊って。。。 

こーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーんな、小さなアマゾンの箱に、
たーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーったの、3箱分 なのね、、、 (絶句)

・・・・ 先が思いやられます。


さて、私本管理 & バーコードリーダーを導入して よかった点。

1) ちょっとは本を片付けようと言う気になった!(いぇぃ!)
2) さがしていた本が昨日すでに2冊も見つかった!(いぇい、いぇい!)
3) 入力して片付ければ、同じ本をダブって買うことはなくなる!(はずっ!!)
4) 入手困難本、Hanahou例会で紹介、といったカスタマイズ項目が便利じゃない?(うふふっ)

なにより、

モニター上に整然とならぶ本たちがステキっ!!(うるるん~)

しかしながら、

1) 箱たちはどこに置くのかといえば、今まで通り部屋の隅にツンドク状態だ。
2) どの箱に入っているかわかっても、結局またその箱探しがたいへんなんだぜ?
3) できれば、作家別とか、ジャンル別、に仕分けして仕舞うのが理想だよね。でも、現状どの箱にどの本が入っているのかわからないのだから、仕分けなど、無理ムリ。

結局、PCでバーチャルに美しく並んでも、

「リアルな本たちをどうするか問題」

については、なんら抜本的解決には、なっていないのでした。。

いいえっ!ワタクシっ、負けませんわっ!!(・・・何にだよっ!?)

Secret

TrackBackURL
→http://hrpkaomushi.blog123.fc2.com/tb.php/166-ccbd765a