FC2ブログ
忘れもしない、6月30日の早朝に観た1本。

日本中がどよめき、溜息をもらし、涙を流し、惜しみない拍手を送っていた、あのワールドカップ、パラグアイ戦のさなか、私はこの1本を観ていたのでした。だって、あまりの大一番の勝負に、サッカー観る勇気がなかったんだもーん。

リトル・ミス・サンシャイン [DVD]リトル・ミス・サンシャイン [DVD]
(2010/06/25)
アビゲイル・ブレスリングレッグ・キニア



ひょんなことから娘が美少女コンテストの最終審査に出ることになってしまい、家族全員おんぼろの黄色いバスに乗って旅するロードムービー。

勝ち組にこだわり続けるおとーちゃん、家族と口をきかないにーちゃん、失恋が原因で自殺を図ったゲイのおじさん、老人ホームを追い出されたヤク中のじーさん、バラバラな家族をまとめようと奔走するおかーちゃん、そしてちょいとおデブちゃんのオリーブというメンバーの、崩壊寸前、ハッキリ言って、負け組ちっくなフーヴァー一家が、コンテスト会場を目指して、そして・・・・

面白いとは聞いていたものの、正直、それほど期待はしていなかったのですが、最後は、夜中にポータブルDVDを抱えて1人、大爆笑でした。・・・・それがちょうど、あのPK戦の時間帯。

・・・窓、開けてたんですよ。ご近所からどよめきが聞こえ、居間からダンナと息子の絶叫が聞こえたまさにその瞬間に、私の大爆笑が、、・・・たぶん、ご近所に響き渡りました。ったく、間が悪いってば~~。(^^;;;

あらすじを書いてしまうとなんだかありきたりな感じだし、ちりばめられたきらりと光る面白さは、書いてしまうともったいない。そもそも、大爆笑した、って書いてしまったことさえも、もこれから観る人に大変失礼かもしれないなぁ。大作ではなく、こぢんまりとしながらも目が離せない、でも、だからどうしたっていうわけでもない。こういう映画って、どんな風に書いたら面白さが伝わるんだろうね、むずかしいです。

あをむし的好き度 ★★★★★ 愛しく思う1本。

日本列島が悔しくもすがすがしい朝を迎え、あをむしがド顰蹙の昨夜の爆笑を反省したその朝、モーニングショウでは、韓国でパク・ヨンハが他界したという臨時ニュースが流れ、前夜とは違う悲鳴に近いどよめきが窓越しに聞こえてきました。あの6月30日のもろもろのことは、この映画を観るたびに思い出すことになりそうです。(合掌)
Secret

TrackBackURL
→http://hrpkaomushi.blog123.fc2.com/tb.php/49-93b4ec3e