FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おはよーございますっ。まだKindleネタを続けていてもいいよー、とNATSUさんから励ましをいただいたので、調子に乗ってもうちょっと。(^^;;

時、中間試験シーズン、息子が昼過ぎには家に帰ってきます。これは非常にゆゆしきことです。狭い我が家で天敵どうしが半日もにらみ合いを続けるのはお互いストレスもたまり、そのうち健康も害することにもなりかねません。

そこで、賢いあをむし、三十六計逃げるか勝ち、とばかりに、Kindle抱えてとっととトンズラいたすことにしております。餌だけは用意してやりますが、なーに、食うものさえ食っちゃえばあとは用済みの飯炊きババアです。むしろお目付役などいない方が、彼も心安らかに昼寝もできるってものでしょう。

さて、行きつけのドトールに向かいますと、席がございません。寒いせい?んー、しゃーない、とばかりに価格設定お高めのスタバに行きますと、ここもいっぱい。「んもー、高校生、こんなとこで勉強してんじゃねぇっつーの!家かえってやれっ!てか、ダベってんじゃねぇ!勉強しろっ!」と内心毒づきますが、よく考えてみれば、あをむしと同じように家庭内conflictを回避してきた、賢き彼女彼らなのかもしれません。

昔、あをむしが田舎学生だったころは、勉強(のフリ)と言えば公共図書館でしたが、最近の傾向なのか、居住地域の特性なのか、地元の図書館には中高生のための自習室ってないようです。こういうご時世だからこそ、一定ルールのもとで子どもたちが集える場所を作ってあげた方がよいのじゃないの?と個人的には思いますが、図書館は本を貸し出しするところ、面倒御免ということなのかもしれません。ますます子どもにとって生きにくくなった今、スタバって、一種の若者シェルターなのかもしれませんねぇ。。

おっと、話がそれました。ドトールもスタバもアウト。そこで、しかたなくマックに向かいますと、ああっっ、ここも中高生がうじゃうじゃ。しかもうるさい。それでも、ようやくカウンターに1席確保し、コーヒーを一口すすっておもむろに、my Kindleちゃんを。うひっ。Kindleでしか読めない、キングの「UR」です。うひっ。

いやぁー、楽しい。実に楽しい。Kindleに関する記述がいちいち「うんうん」ていう感じで、つい、読みながら「ぐふっ」とか、「わはっ」とか「いひっ」とか、笑ってしまうのですねぇ。そんなめくるめくお楽しみの中、ふと妙な気配を感じました。気配の感じる方向に耳を澄ませてみますと、

「あれナニ?」「わからん、おれも気になった」「なんだ?」

どうも、となりに座っている高校男子3人組のようです。

ふっふっふっ。気づいたか、ガジェット小僧たちよ。いくらipodを使っていても、ipadを知っていても、BlackBerryを見たことがあっても、、これは知らないよね、へへへっ。

調子にのったあをむし、さりげな~に体を傾け、ほらっ、このAmazon Smileが目に見えないかっ!、とばかりに、my Kindleちゃんのpretty faceを彼らの方に。。

「わっ、白黒?」「英語?」「なーんだ」

・・・・・
・・・・・
・・・・・
・・・・・ふっっ。。。(苦笑)
これだからお子ちゃまはいやーねっ。これは「本」なんだよ、「本」。もちろん、君たちに必須の赤外線通信機能もないし~、音楽配信もないし~、基本、英語だけだしぃ~、まっ、君たちには、まだ無無理~ってか~んじぃ~?ぷっ。

・・・ちょっとばかり楽しい、昨日のMac de Kindle体験でした。


え?記事のタイトルですか?そりゃ、

♪目で追う男たちを 無視して腰をひねり
ブロンズ色の肌 光受けなまめく~♪

って感じじゃない?うちの KindleちゃんはWhiteだけどねっ。えへっ。


え?あをむし、マックでモンローウォーク?・・・んな、するわけないじゃんよっ!
Secret

TrackBackURL
→http://hrpkaomushi.blog123.fc2.com/tb.php/64-6e741366
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。