FC2ブログ
2011.10.07 殺し文句。
$0.99 includes free international wireless delivery via Amazon Whispernet


最近、めっぽう弱いです。。

本の価格が野菜や肉のように日々変動する時代なのですね。
いやぁ、本当に、めずらしいこともあるもんだ。。

「大どろぼうホッツェンプロッツ」ではありませんが、本日三度目の登場、「あをむし@三たびあらわる」です、ごきげんよう。


キンドルのebookストアをつぶさにながめておりますと、ときどきとんでもない「メッけモン」をすることがあります。

本日の「メッけモン」は ↓

The Hunger Games Trilogy [Kindle Edition]

88%オフの6.38ドルでした。これ、3部作なんですが、Amazon.com では、3000を超える半端ない数のレビューがついている人気本なんですよね。第1巻のkindle版はtop100に502日間連続登場、紙版の第1巻も376日間連続登場だそうで。

今、3冊別々に買うと、キンドル版でトータル19.51ドルなんだけど、3冊分でその1/3ってすんげーお買い得じゃないっすか?

うーーん。買っちゃおうかなぁーー。。

・・・あんまり好みの話しって気はしないんだけど。。(爆)


こちらは、Amazon.co.jp の第1巻。 ↓

The Hunger GamesThe Hunger Games
(2010/07/03)
Suzanne Collins




amazon.co.jp のレビューはもともと読む力量が十分ありそうな方々のレビューが2つだけ。

・・・・うーむ、悩む。。



あ、「大どろぼうホッツェンプロッツ」は、こちら。 ↓

大どろぼうホッツェンプロッツ三たびあらわる (新・世界の子どもの本―ドイツの新しい童話 (3))大どろぼうホッツェンプロッツ三たびあらわる (新・世界の子どもの本―ドイツの新しい童話 (3))
(1990/07)
プロイスラー



2011.09.29 ふぁいや~!
新しいキンドルが発表になりましたね。

Kindle Fire

うーん。うーーーん。うーーーーーーーーん。

とりあえず、いいや。

(^^;;;;;;
ハロー、オーラ、ボンジュール、ニイハオ、グーテンターク! あをむしですわっ、ごきげんよう、みなさま。

さて、過日お伝えした通り、Kindleはあっけなく新品交換となりました。

どうも、修理するより、新しいのを渡しちゃった方が手っ取りばやい、そういう企画の商品なのですね、Kindleといふヤツは。

んがっ、しかーーーしながら、マグロのように、ただ寝っ転がっていてタダで新品を受け取れると思ったら甘いのざんす。

そうっ、不良品の返品なのですわっ!

先日の、とーーーーっても親切なカスタマーサポートの方とのすったもんだのやりとりのあと、MY PCには、一通のメールが送られてまいりました。

残念だけど、新しいのを送るけんね。まず必要なバックアップを取ったら、ブツをビニル袋に入れて、ケーブル、マニュアル類、その他一式全部を元の箱に戻しておくんなまし。そんでもって、ほれ、ここのwebサイトにアンタのために、カクカクシカジカな前払い送付用シートとインボイスを用意してやったけん、プリントアウトしてブツに張ってUPSに持って行ってけろ。あ、そうそう、インボイスは3部コピーして添付してね。くれぐれもUPSを使っておくれよ、UPSじゃないと無料にならないけんね、と。

「えーーーーーっ!!!!おとなりの郵便局じゃ、ダメなん????(愕然)」

しかたなくなく、調べましたよ。UPSの荷物が送れる場所を。めんどくせぇzっ!とか、言いながら。

そしたら、意外とあるんですね。いや、さすがにおとなりとはいきませんでしたが、週3ほど通う西新宿にございました。

30日以内に送り返さないと、送ってもらえるはずのNew Kindleは有料になってしまうそうなので、そそくさと、ぶっこわれたKindleをPCにつないで、バックアップとって、言われたとおりに梱包し、WEBからトラッキングシートとインボイスをプリントアウトし、いざ、UPSの出店へ。

「あとお願い~」と、へらへら出せばおしまい、と思っていましたが、甘かった。

写真付きの身分証明書が必要と言われまして、運転免許証をコピーされ、送り主の書類として、住所氏名サインなどをかかされ、ようやっと荷物を受け取ってもらえました。めんどくさいといえばめんどくさいのですが、いっぽうで、それだけといえば実にそれだけでした。

荷物の中身を確認してから梱包するとのことで、箱に入れただけでガムテープで封入もすることなく。オープンなままブツはおまかせだし、お金も一銭も払わずに、OK.

いやーーーー、海外に送るのって、簡単なのか面倒なのか、ようわからん。

対応してくださった、おねえさまは実に手慣れた手つきで、Amazon Kindleのパッケージを一瞥するなり、「あ、返品ですね」と。

「へっ??? なんで見た瞬間わかるんですかっっ!?!?」

「週1くらいであるんですよ」とのこと。



・・・・・ねぇねぇ、みんな、そんなに、Kindleぶっ壊してるん??? (^^;;;;



ともあれ、来週には新しいKindleがとどく予定でございます。 

I can't stand the wait !!!

やっちまいました。Kindle壊しちゃいました。。

いつかやるんじゃないかとは思っていたのですがね。ソコツモノの私、うっかりふんづけちゃいました・・・

でも、「壊れちゃった」じゃなくて「壊しちゃった」っていうところが素直でエライよね、自分。(みぢめ~)

・・・そこで、ですね。 はいっ!みなさまのお待ちかねの通りっ!

「A」ではじまるスマイルマークの会社のカスタマーサポートにお電話いたしましたのです。

サイトでフリーコールのページを開くと、「今すぐコール」と「5分後コール」があるのですね。

別に5分待ってもらったからと言って、今からNOVAに駆け込んで、5分で英会話が上達するわけでもあるまいし、などと、かなーり大胆なわたくし、「即コール」をクリック!

・・・」と、クリックした途端に本当に電話がなりました!おぉぉぉーーーーー、すごい!シームレスでフラット化しているグローバル社会を御自宅で実体験ですわよっ、おくさまっ!!

名前とメールアドレスを述べて、即、要件。

My Kindle was broken, because I stepped on it by mistake, but not on purpose. It can power on, but the display can't display correctly. Can it be repaired free, or charged ?

おお、なんとなく出てくるじゃん、英語。そしてあっさり、タダで交換するとのこと。なんだーーーー、カスタマーセンター恐れるに足りずだわ。。

・・・と、思ったのが甘かった!!そこからが長かったですわっ!


す、数字が・・・・(爆爆爆)

数字など必要事項は、あらかじめメモしておくようにというJulieさんのブログの記事を読んだにも関わらず、何もメモらずフリーコールしてしまった大胆なわたくし。

1番最初に名前とメールアドレスの照会があったときに、「あっ、ひょっとして、やばかったか?」といやな予感はしたのですが、もう電話してるんだもん。後の祭りだよね。

まず、My Kindleのシリアル番号がわからない。 画面がぶっ壊れているので、本体で確認しようもなく、Please wait a moment!と叫びつつ納品時の箱をあわてて探しに行き、しかし、どこにシリアル番号が、書かれているのかわからず、納品書やら箱に貼ってあるシールの番号をやたらと読み上げるが、どうも違うらしい。(爆)

どうやら、FSN(Factory Serial Numberてことかしら?)とある、1番小さい文字でかかれているのが、そうだとわかり(お願いだっ、1番大きな字にしてくれっ!)、今度はアタフタと老眼鏡を取りに行き、シリアル番号が一件落着すると、こんどは、カード番号の下4けたと言われ、財布を取りに行き、それが終わると、今度は、住所、郵便番号を言えと言われるが、なぜかとっさに出てないのですよ。

メモ用紙を取りに行き、住所と郵便番号を書いて読み上げ、なんとかことなきを得たものの、しまいにゃ、家の電話番号と言われたときには、あまりの疲労に、もうまったく自宅電話番号が日本語でさえ思い浮かばなくなってました。

「はれ?我が家の電話番号??えっと・・・・・・あれ?」

いろいろ書いて読み上げてもどうも違うらしく(にゃはっ)、電話の向こうから、「そこ、4じゃない?」とか、ヒントまでもらう始末。

こういうとき、厳格な日本のカスタマーサポートなら絶対にヒントなんかくれないと思うのですが、そこは、シームレスでフラットでワールドワイドなカスタマーサポートなのですね。ありがたや。・・・ていうか、先方が、とってもpatientでcordialで、ラッキーだったのだなあ。。(しみぢみ)

結局、またまた携帯を取りに行き、携帯に登録されていた自宅の電話番号を読み上げる始末。

・・・とっても、とっても疲れました。でも、電話の向こうの相手も大変だったと思うよ。(爆)

そういえば、老眼鏡を取りに行く時、" Please hold on a secand. I'm going to have my binocular. " と言ちゃったけど、 よく考えたら、binocularって、「双眼鏡」じゃなかったっけ?(爆爆)  いやーーーん、アタシっておちゃめさんっ! (^^;;;;

よいこのみんなっ!カスタマーサポートに電話するときは必要事項をメモってからだよっ!(お前だよって?笑)